整体なら山形の『おおい整体院』

肩こり・腰痛・股関節痛、頭痛

骨盤矯正・痩身・産前産後の骨盤矯正

当日予約大歓迎!
TEL:(023)681-5772
営業時間:9:00~20:00 
定休日:火曜日(土日祝日営業中)
 

膝の痛みなら山形のおおい整体院

膝のスポーツ傷害

スポーツ傷害とは、スポーツ中の急激な動作や衝撃によって傷めてしまう、急性的なケガを指して言う場合(スポーツ外傷)と、マラソンなどの使いすぎによる慢性的なケガ(スポーツ障害)の総称をいいます。
 
炎症を起こしているものばかりなので、患部に対して直接整体の施術を行うのはムリですが、患部に負担をかけている筋肉や骨格を調整すると患部に対する負担が減るので、長期的に回復しやすくなります。
 
捻挫や打撲などの急性痛は、応急処置としてアイシングをすると腫れ痛みを抑えて、炎症の広がりを少なくします。
 
スポーツをされる方は特に、応急処置の簡単な方法だけでも知っておくべきでしょう。
 
応急処置の後は、専門の医療機関を受診して下さい。
 
アマチュアスポーツ愛好家であれば、ムリをしないで休みを入れたり、ケガをする前にメニューを減らしたりするべきだと思います。
 
特に子供のスポーツは競技化が進み、体に大きく負担をかけるほど練習をさせるのですが、体の成長にあわせて子供が楽しんで続けられるように心がけるべきだと思います。
 
整体施術では患部を直接施術しないで、患部に負担をかけている骨格の歪みをみながら施術します。
 
整体後は患部への負担が減るので痛みが軽くなり、自然治癒力が発揮しやすい状態まで回復します。
 
もちろん個人差はあるのでご了承ください。
 
ここでは、膝のスポーツ傷害を紹介します。

膝のスポーツ外傷

スポーツ外傷とは、スポーツ時の急激なひざへの負担によって、靱帯や半月板を傷めてしまう急性的なケガをいいます。

半月板損傷

膝関節の中にあるクッション材の役目をする半月板が、運動時の激しい衝撃やひねり動作で損傷してしまう傷害です。
 
多くはスポーツ時に起こるのですが、中高年がちょっとした膝への衝撃や負担で起こることもあります。
 
症状は半月板に亀裂が入ったり断裂することにより、関節内で炎症を起こし、痛みが出たり水が溜まったりします。
 
ひざを伸ばすときに半月板のかけらが膝関節内で引っかかると、クリック音がしたりひざが伸ばせなくなることもあります。

前十字・後十字靱帯損傷

前十字靱帯とは膝関節内にある靱帯で、運動する時などに脛骨が前方にずれないように固定する靱帯です。
 
スキーやバスケットボールなどの着地の衝撃で、脛骨が前方に引っ張られて傷めてしまうケースが多いようです。
 
後十字靱帯とは、脛骨が後ろにずれないように固定する靱帯です。
 
サッカーなどで、膝に対して前方からの強い衝撃で、脛骨が後方へ引っ張られた時などに起こります。
 
靱帯が損傷してしまうと強い痛み・腫れが起こり、膝関節が不安定になります。
 
靱帯が完全に切れてしまうと、手術でつなげるしかありません。

内側・外側側副靱帯損傷

膝を曲げ伸ばしするときに横方向に動かないように固定する靱帯です。
 
ひざの内側を固定する靱帯が内側側副靱帯、ひざの外側を固定する靱帯が外側側副靱帯です。
 
格闘技やラグビーなどのコンタクトスポーツなどで起こりやすく、ひざの内側もしくは外側から、強く圧力がかかることで起こります。
 
この場合も強い痛み・腫れが起こり、膝関節が不安定になります。

膝蓋骨脱臼

運動時にひざを強くひねったりした時に、ひざのお皿(膝蓋骨)がひざの外側に外れてしまう疾患です。
 
X脚の人がなりやすかったり、先天的に外れやすい方もいらっしゃいます。

膝のスポーツ障害

スポーツ障害とは、マラソンなどの継続的な膝への負荷がかかることによって起こったり、バレーボールなどの急激な負荷がかかる動作を継続的に行うことによって起こる慢性的なケガを言います。

膝蓋靱帯炎(しつがいじんたいえん)

バレーボール・バスケットボールなどのジャンプを繰り返すスポーツに多くみられる疾患です。
 
ひざのお皿の上部(大腿四頭筋腱炎)と下部(膝蓋靱帯炎)を総じてジャンパー膝というのですが、ひざのお皿の下部の疾患である「膝蓋靱帯炎」の割合が多いといわれています。
 
骨の成長が落ち着く、高校生から大学生にかけて多くあらわれますが、中高年の方にもしばしば発生します。
 
膝蓋靱帯(膝蓋腱)とはひざのお皿(膝蓋骨)の下から、膝関節の直ぐ下にある脛骨の出っ張り部分をつなぐ靱帯を指します。
 
ジャンプを継続的に繰り返すことにより、ももの筋肉がお皿を引っ張って膝蓋靱帯に負担がきます。
 
靱帯への慢性的な疲労がたまることによって小さなキズがつき、運動時に痛みがお起こったり、熱を持ったりします。

分裂膝蓋骨

先天的に膝のお皿が割れている疾患で、男の子に多くみられます。
 
お皿を直接ぶつけて割れてしまうケースもあります。
 
多くは生活に支障なくすごせるのですが(無痛性分裂膝蓋骨)、激しいスポーツをきっかけに、お皿にストレスが加わって炎症を起こし痛みが出ます。(有痛性分裂膝蓋骨)

オスグッド病

膝蓋靱帯炎が膝のお皿の直ぐ下の「膝蓋靱帯」が炎症を起こすのに対して、オスグッド病とは「膝蓋靱帯と脛骨との接合部分」であるひざ下の出っ張っている部分「脛骨粗面」が炎症を起こしたり、ひどい場合は剥離したりします。
 
オスグッド病は、サッカーやバレーボールなどのジャンプを頻繁に繰り返す競技だけではなく、陸上競技の選手にもよくみられます。

 
膝蓋靱帯炎が骨の成長が落ち着いた、高校・大学生に多くみられるのに対して、オスグッド病は小・中学生に多くみられるのが特徴です。
 
なぜかというと、成長途中の脛骨は軟骨の割合が多いので、ももの筋肉(大腿四頭筋)が強くお皿を引っ張ったときに、膝蓋靱帯を痛める前に軟骨部分の「膝蓋靱帯と脛骨との接合部分」を傷めてしまうからです。
 
セルフケアとしては、運動後にアイシングをしてから四頭筋のストレッチを入念に行なうようにして下さい。

ラルセン病

オスグッド病がひざ下のすねの出っ張り部分(脛骨粗面)の疾患に対して、ラルセン病はお皿と膝蓋靱帯のつながった部分(お皿の下の部分)の疾患です。
 
オスグッド病と同じく、ジャンプを繰り返す10歳前後のスポーツ選手によくみられて、痛みや腫れをともないます。
 
オスグッド病と同じようにラルセン病も、靱帯との接合部分である軟骨に起こる障害なので、骨の成長が落ち着いた高校・大学生以降は膝蓋靱帯に負担がくる「膝蓋靱帯炎」になります。

腸脛靱帯炎

ももの横側を、骨盤から脛骨までとおる最も長い靱帯が腸脛靱帯です。
 
膝関節より少し上にある、ももの骨の外側部分にある出っ張っている部分と腸脛靱帯とがすれて炎症をおこし痛みが出ます。
 
ランナーの方に多いことから「ランナー膝」とも呼ばれます。
 
また、ランナーだけでなくO脚の人にも多くみられます。
 
O脚であれば膝の外側の筋肉を使う傾向にあるので、腸脛靱帯に負担がかかりやすくなります。
 
腸脛靱帯のストレッチングも必要ですが、整体でO脚の改善をすれば腸脛靱帯へのストレスも減って、腸脛靱帯炎も改善しやすくなります。

鷲足炎(がそくえん)

ひざの内側の少し下側にある、脛骨の出っ張り部分につながる「鵞足」という腱が炎症をおこす疾患。
 
この出っ張り部分(浅鵞足)は、ハムストの内側にあたる「半腱様筋」と、内ももにある細長い「薄筋」と、鼠径部(そけいぶ)の骨盤の出っ張り部分からつながる「縫工筋」とが、腱でつながっています。
 
ここ(浅鵞足)につながる「半腱様筋」「薄筋」「縫工筋」の腱がガチョウの足ににていることから、この腱を「鵞足」と呼びます。
 
この「鵞足」が、継続的に負担がかかり炎症を起こすと「鵞足炎」となります。
 
内ももに負担がかかるバランスで運動を続けると、鵞足にも負担がきやすいようです。
 
また、ハムストが疲れて固くなった方や、Ⅹ脚の方もなりやすい疾患です。
 
改善策としては、内ももともも裏(ハムスト)をゆるめれば痛みは軽減できるでしょうが、骨盤のバランスをはじめ、全身の調整もしなければ根本的な改善には至らないでしょう。

離断性骨軟骨炎

軟骨の一部が壊死してから、次第に剥がれる病気です。
 
成長期の子供に多く、スポーツだけではなく遺伝的な要素などもあるといわれているのですが、はっきり原因が判っていない疾患です。
 
軟骨がはがれると関節内でひっかかって、関節の可動域が狭くなります。
 
自覚症状があらわれにくい疾患なので、痛みがあらわれ関節の動きに制限が出てきたときには、症状が進行しているケースが多いようです。
 
成長期の子供が、ひざ関節に痛みを訴えたら専門の医療機関で診てもらい、無理をさせないことも必要だと思います。

 
多くのサイトの中から、わざわざお越し下さりありがとうございます。院長の”おおい まこと”と申します。

 
つらい頭痛や肩こりなどの慢性痛をかかえながら、お子さんやご家族のためにお仕事を続けているのではないでしょうか?
 
今までそのような方々を診させていただき、多くの患者さんから喜んでもらえました。この経験から、きっとあなたのお役にたてるはずです。
 

おおい整体院

 

 
山形県山形市瀬波1-7-19

 
完全予約制
営業時間:9:00~20:00
定休日:火曜日
ご予約・お問合せ
TEL:(023)681-5772

 
LINE@からもご予約できます
友だち追加数

来院エリア
北海道室蘭市、青森県三沢市、宮城県仙台市若林区、泉区、青葉区、太白区、宮城野区、宮城県大崎市、白石町、宮城県柴田郡柴田町、川崎町、大河原町、山形県酒田市、鶴岡市、山形市、寒河江市、天童市、上山市、東根市、尾花沢市、大石田町、村山市、米沢市、山形県最上郡金山町、鮭川村、大蔵村、山形県東村山郡山辺町、中山町、山形県西村山郡朝日町、西川町、河北町、大江町、山形県東置賜郡南陽市、川西町、高畠町、山形県西置賜郡長井市、飯豊町、白鷹町、小国町、福島県福島市、相馬市、伊達市、会津若松市、埼玉県狭山市、北本市、栃木県那須塩原市、群馬県伊勢崎市、茨城県日立市、東京都杉並区、大田区、西東京市(旧田無市)、神奈川県横浜市港北区、金沢区、川崎市中原区、三浦郡葉山町、山梨県韮崎市、静岡県湖西市、愛知県名古屋市千種区、大阪市浪速区、広島県福山市。
海外からは米沢市在住の韓国の方、アメリカ合衆国バージニア州からも来院されました。
 
新規患者さんのほとんどが口コミで来院されます。来院下さっているみなさま、本当に感謝しております。