Home | 手や腕のしびれ | 胸郭出口症候群

整体は山形市のおおい整体院

肩、腰、ひざの痛み脚の痺れなど、複合的な全身の不調とストレス性の症状に対応
おおい整体院の地図
営業時間:9時~20時(受付:8時~21時)
不定休(土日祝日営業中!)
整体院電話番号

胸郭出口症候群なら山形市のおおい整体院へ

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

腕や指先への痛みやシビレが起こります。腕を高く上げると起こりやすい症状です。
 
原因は、肋骨と鎖骨のすき間を通る腕の神経(腕神経叢、わんしんけいそう)と血管を、筋肉や骨で圧迫されて痛みやシビレが出ます。
 
調理師や美容師などの腕を酷使する職業の方や、20代の筋力が弱い、なで肩の女性に多く見られます。
 
胸郭出口症候群は特定の疾患ではなくて、腕の神経・血管を圧迫する似たような症状がいくつかあり、これを総称して名づけられました。

斜角筋症候群

首の横から肋骨にかけて付いている、前斜角筋(ぜんしゃかくきん)と中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)のすき間を通る腕の神経を圧迫して起こります。

肋鎖(ろくさ)症候群

骨折が原因であったり、いかり肩の方などは、鎖骨と第1肋骨の間が狭くなることがあります。
 
そのすきまを通る腕の神経と血管が圧迫されて起こります。

過外転症候群(小胸筋症候群)

肩口の近くにある小胸筋が、腕の神経と血管を圧迫して起こります。

頸肋(けいろく)症候群

先天的に頸椎に肋骨(頸肋)が付いている方がいます。
 
この頸肋が、斜角筋や小胸筋を緊張させて腕の神経と血管を圧迫し、痛みが出ます。

おおい整体院
場所:山形市瀬波1-7-19
営業時間:9時~20時
(受付:8時~21時)
不定休 
当日予約大歓迎!今すぐクリック↓