Home | 腰痛 | ぎっくり腰

整体は山形市のおおい整体院

肩、腰、ひざの痛み脚の痺れなど、複合的な全身の不調とストレスによる不調に対応
おおい整体院の地図
営業時間:9時~20時(受付:8時~21時)
不定休(土日祝日営業中!)
整体院電話番号

ぎっくり腰なら山形市のおおい整体院へ

ぎっくり腰

ぎっくり腰
「ぎっくり腰」は重い荷物を持ち上げたりするだけでなく日常のなにげない動作、例えば高いものを取ろうとして腕を伸ばしたり軽く腰をひねったりする時にも起こります。
 
ぎっくり腰とは通称で、医学的には急性腰痛症といいます。
 
ぎっくり腰になると2~3日もすれば痛みも引いてきますが、ひどい方は、1週間ほど寝込む方もいらっしゃいます。
 
ぎっくり腰のほとんどが、腰の細かい筋肉の捻挫によるものですが、脚に痺れが出る方は腰椎椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症などの可能性もあるのでまずは病院で診てもらう必要があります。

「ギクッ」ときたら、まずは冷やして下さい

病院で診てもらう前にアイシングをしてみると少し楽になるかもしれません。炎症性のものであれば、炎症と腫れの広がりを緩和してくれます。
 
決して温めたり患部をマッサージしたりしないで下さい。炎症を広げて、かえって悪化させる可能性があります。
 
アイシングは応急処置なので痛みが引かない場合は専門医で診てもらいましょう。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は長い期間に全身の疲れが溜まり、不意に負荷がかかって筋肉や靱帯または椎間板を損傷し痛みが出てしまいます。肉体労働など普段から体を酷使している方だけでなく、デスクワークで運動不足の方にも多いようです。
 
ぎっくり腰になる患者さんの多くは、お尻やもも裏の筋肉の張りが酷く背中もガチガチです。
 
整体で体の歪みを整えると、筋肉のこわばりが緩和されてほとんどの患者さんは楽にはなるのですが、ぎっくり腰が楽になったからと言って放っておかずに再発予防で全身の歪みを整える必要があります。

ぎっくり腰の予防

ぎっくり腰になる方は、股関節が硬い方が多いようです。
 
股関節が硬いと普段の生活で骨盤が後傾するようになり、腰の筋肉や靱帯、さらには椎間板などに負担が掛かるようになります。
 
ぎっくり腰が癖になっている方は、股関節周りの筋トレやストレッチを日常からするように心がけて下さい。

ぎっくり腰のあとは、早めにカラダを動かしましょう

ぎっくり腰になると、あまりの痛みのために、しばらくは動けないと思います。
 
しかし、腰が痛いからと言っていつまでも寝ていると、筋力が落ちてしまいかえって回復が遅れてしまいます。
 
少しでも動けるのであれば、無理をしない範囲で日常生活に戻ってください。

おおい整体院
場所:山形市瀬波1-7-19
営業時間:9時~20時
(受付:8時~21時)
不定休 
当日予約大歓迎!今すぐクリック↓